「太巻き」 甚八 寿司弁当 

東区馬出で寿司店及び持ち帰り寿司を提供するお店。
県庁そばなので博多区ではありませんが入れてます。

握って出しているお店も持っているので非常に人気のあるお店。

甚八 福岡

このように珍味も扱ってます。
クジラ肉とかもあったような気がするのですが、記憶があやふやですみません。

甚八 福岡 にぎり

並にぎりのセットで595円。
結構安いです!

上にぎりも普段はあります。バッテラや助六、バラエティにとんだ品揃えです。

甚八 太巻き 福岡

今日は節分なので恵方巻きという「太巻き」です。
「いつもの太巻きですよ」と店員さん。
イベントだからといって飾らないのが素晴らしい!

お昼前と夕方は結構行列ができます。
繁忙時間帯は調理場からひっきりなしにトラックで運ばれます。
もし無くなれば店員さんに声をかけるとすぐに持ってきてくれることもあります。

夕方は県庁や県警の職員がまとめて買って帰ります。残業が多い部署なのか、夜間帯の勤務の部署の方でしょうね。
九大病院のお見舞い帰りという方もいらっしゃるようです。

余談ですが、近年こんなニュースを良く見かけます。
恵方巻で悲鳴 過酷な販売ノルマに苦しむ実態

3日の節分を前に、コンビニエンスストアなどでは「恵方(えほう)巻」の販売が始まっていますが、ツイッターには、販売のノルマを課されたというアルバイトの学生の書き込みが相次いでいます。NHKの取材に対して、ある女子高校生は「50本売るよう指示され、20本は家族に買ってもらうしかない」と訴えるなど、過酷なノルマに苦しむ実態が浮かび上がっています。
「恵方巻」は節分に食べると縁起がよいとされる巻き寿司で、コンビニエンスストアでも予約を受け付けるなど、販売競争は年々激しさを増しています。
こうした中、ツイッターではコンビニエンスストアでアルバイトして働く学生が、店から販売する数のノルマを課されたという書き込みが相次いでいます。

NHKが取材した女子高校生は、「店長から50本売るよう指示され、友人にお願いしてなんとか30本は売ることができました。友人には悪いなと思っています。残りの20本は家族に買ってもらうしかありません」と話していました。

また、別の女子高校生は「店全体で700本売ることが決まり、自分も20本売るよう『ノルマ』を課されました。コンビニでは、夏はウナギ、秋はおでん、冬はクリスマスケーキやおせちと、販売ノルマが課され、一年中苦しいです。こういう売り方はおかしいと思いますが、店長に冷たくされるのも嫌ですし、アルバイトを続けるためにはしかたがないです」と話していました。

一方、コンビニ大手のフランチャイズ店を経営するオーナーによりますと、恵方巻のシーズンを前に、本部の社員から「販売目標」が示され、この店では、毎年数百本仕入れているということです。

オーナーは「毎年、恵方巻の時期になるとどれだけ売れ残るかと胃に穴が開きそうです。本部にとっては加盟店に仕入れさせたら全部利益になりますが、私たちにとっては本部は絶対で消化しなければなりません。従業員に割り振って達成しようという店もあります」と話しています。

コンビニ大手の各社は、「各店舗は本部とフランチャイズ契約を結んでいるものの自主的に営業しているため、本部が店舗にノルマを課したりアルバイトに買い取りを強制することはない。また、アルバイトに無理な負担を強いないよう店舗に対して指導している」とコメントしています。

ノルマを課さないと売れないような美味しくないものを作る意義ってあるんでしょうか?
地元の親しまれているお店を利用するのがいいでしょうね

甚八寿司弁当
福岡市東区馬出1丁目13−3

投稿者: beachhead

食べ歩き、旅行が好き。 100選にしてますが、これ以上増えたらいいなと。 ご要望、ご意見などは「info@このサイトの独自ドメイン」にメールでお願いします。 味覚に関する苦情などは個人的主観も入っておりますので回答しかねます。 末永くお付き合いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.