「博多天ぷら」って聞いたことある? 「博多天ぷら」は東京でブームを起こせるのか

東洋経済オンラインの記事から。
「博多天ぷら」は東京でブームを起こせるのか

一部引用

「博多天ぷら 水炊きおでん なかお」である。博多天ぷらとはどういうものかというと、主な特徴が、カウンターの客の目の前で天ぷらを揚げ、揚がるそばから1品1品提供していく、その提供の仕方にあるようだ。また、天つゆや大根おろし、漬け物などが食べ放題というスタイルも、特徴のひとつ。

ひらお?

水炊きおでんとかも聞いたことが無い。
創作料理で水炊きラーメンを提供している川端のお店はあるけど。

美味しいならいいのでしょうが、地元の人が知らないご当地グルメって「ご当地グルメ」とは言わないのではないでしょうか。
水炊きおでんを提供している福岡のお店ってご存じですか?

いろんな掲示板等にも「知らない」が多数。
天ぷらもひらおのような天ぷら、または「揚げかまぼこ」の天ぷらなのかと色々あったようです。

東洋経済の記者ってこういうことを裏を取って取材してほしいです。


日本全国ランキング

17年3月8日 太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴 第95回 奥深い福岡の街の魅力を探る

太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴はいつも見てます。
あんなに飲んでも、まともに態度も崩れず、見事にコメントを残せる太田さんはすごいといつも感心しながら、私も酒を飲みます。

昨日の放送で出てきた「福新樓」、福岡の老舗中華料理屋で斬新なことも行う結構面白いお店です。

ココらへんは記憶があやふやなので、間違いがあれば指摘をお願いします。
現在、岩田屋本館があるところは「岩田屋Z-side」という当時の百貨店スタイルとは違う、若い人向けのショッピングゾーンのような感じでした。
その中のデパ地下中華ショップとして出していたのが福新樓。

好きな中華惣菜とチャーハンor焼きそばが選べてという弁当のスタイル。
選べる惣菜の弁当は当時なかったはずです。
手間はかかるし、昼時には行列もできるし・・・
でもそれをやり続けた当時の岩田屋と福新樓。

惣菜は結構ベタな定番品が多かったですが、ベタなものこそ美味しく食べさせるのも福新樓。
エビチリ、チンジャオロース、中華春雨サラダ、クラゲの中華和え、などなど

チャーハンもうかまったですが、焼きそばが旨い。
普通のソースだけではなく、中華の何か隠し味。

これがたまらなかった。

一部のマニアには「飯とそば半々」で入れるスタイルも流行。
これで700円しなかったのがすごかった。

福新樓が出てきたときにふと思い出したことでした。

屋台BARって移転したのでしたか?
代も変わっていたとは驚いた。


福岡ランキング

タバタ式トレーニング

いくつになっても美味しい好きなものを食べ続けられる身体で

美味しいものを食べるとどうしても太ってしまいます。

私は昨年の夏に「タバタ式トレーニング」を勧められて、適度にやっていると、太りにくくなりました。

腰痛や膝痛などを抱えてますので激しい運動はできません。

だからこそ体幹を意識して運動すると太りにくい身体が出来上がるのかなと思ってます。

 

駅伝3連覇の青学も採用!? 「タバタ式トレーニング」ってなんだ?

コレやっていれば3連覇とか大丈夫だろうと、そのくらいきついトレーニングです、本当に真剣に手を抜かずやれば。

ぼちぼち続けて太りにくい健康的な体型を維持しながら、美味しいものをレポートできるように心がけます!