とことんマグロ まぐろ料理紀文 夜定食あり

先日から「夜定食」、「夜ランチ」というキーワードで検索してここにたどり着いていらっしゃる方が多いので、リクエストに応えます!!
まぐろづくしの定食はいかがでしょう?
紀文 天神センタービル 定食
まずはご覧ください、まぐろづくし。
ご飯、高菜、刺身のツマの大根、わさび、ハンバーグ(マグロバーグです)下にあるレタス以外、すべてマグロ!!!

お好み定食Aで税込み1000円です。おかずは選べます。
お好み定食の場合、マグロが入ったお吸い物、ツナサラダ、刺し身、ご飯はつき、
「串かつ、ツナカツ、マグロの唐揚げ、ツナバーグ」
から1つ選べます。

1000円を超える定食、1000円未満の定食、色々あります!
紀文 天神センタービル 定食
コチラがメニュー。
昼限定の定食メニューは撮影してません。
夜もこのメニューがあります。

夜は居酒屋として変わります。
コースもあればいろんなマグロ料理も出てきます。

紀文 天神センタービル テイクアウト
鉄火丼やマグロめしなどはテイクアウトが可能です。

紀文 天神センタービル

場所は天神センタービル地下1階、雨の日も地下鉄天神駅や西鉄天神大牟田線の福岡駅まで濡れずにいけます!
営業は夜9時まで!
ガッツリマグロでタンパク質を補給したい方にオススメです。

料理の選択によっては非常に脂身の少ない健康的なメニューになりますよ!

まぐろ料理紀文
福岡市中央区天神2丁目14−8 福岡天神センタービル B1F


福岡食べ歩き ブログランキングへ

旬のものを旨い酒と美味しく! 若竹 神田

先日から入れている東京編。今回は神田。東京駅のお隣なのに安くていいお店がいっぱい!

神田 若竹
今回は非常に親しい友人と。

神田 若竹 かきのオリーブオイル漬け
まずは季節の食材、かき。
オリーブオイルに付け込まれているので、臭みもなくなりサラッと食べられる。

神田 若竹 茜霧島
大好きな焼酎茜霧島。
東京でも結構出回っている。価格は・・・福岡より100円高いかな?

神田 若竹 下仁田ネギのかき揚げ
これは絶品!
下仁田ネギの良いものを仕入れ、それをかき揚げに。
下仁田ネギ特有のとろ~っとした舌触りがたまらない。そして甘い!

神田 若竹 季節のメニュー
選ぶのに困るくらいの美味しそうなものばかり。価格も結構安い。

神田 若竹 田舎煮
名物の田舎煮。
関東特有の味付けであるが、その分厚揚げや素材の甘さが際立っている。
地域の煮物を食べるとは個人的に好きである。あとみそ汁の味も。

神田 若竹 たこのさつま揚げ
たこの香りが非常に強いさつま揚げ。
俗に言う「天ぷらかまぼこ」はさつま揚げというのかな?

神田 若竹 ニラ玉
このニラ玉もびっくりだ。
注文した後、調理場でカットした瞬間、店舗内にニラの香りが広がる!
この品質の良いニラをしっかり仕入れているお店は偉い!
卵はとろとろ~♪

神田 若竹 黒焼きそば
黒焼きそば。
イカ墨がかかり、カレーパウダーで風味を添える。
締めにはぴったりだ。

神田 若竹

神田はサラリーマンの街(新橋も然り)と聞いた。
確かにおもったよりお手頃価格で飲めたのは非常に嬉しい!
おまけにこれだけ食べればお腹いっぱいだ!(1人約5000円)

チャンスがあればこのエリアは開拓したいものだ。


日本全国食べ歩き ブログランキングへ


よかたい 博多駅構内 ほろ酔い通り

本当に時間がないとき、めちゃくちゃ安く済ませたいときであれば「よかたい」に限ります!
筑紫口には「総本店」を構えておりますが、先程も記載したように「時間がない」、この条件をクリアできるお店はここになります。

構内なので新幹線、JR、地下鉄、どの路線にもすぐにアクセスできます。
またJR九州の中央改札は直ぐ側です。
電車待ちや途中下車可能な切符を持っている人にももってこいですよ!

よかたい サクサクごぼう天

博多といえばごぼ天でしょう!
サクサクスティックはビールでも焼酎でもピッタリ!


洋食系のものも出してくれます。
和食がメインですが、こちらのお店は洋食系も出てきます。

魚の仕入れがあれば「ゴマサバ」も食べられます。
冬はおでん、博多なら「餃子巻き」でしょう!
博多のうまいものが安く、手軽に食べられます。

価格も手頃でどれをとっても美味しい!

2時間飲んでも予算は1人2000円強。
2000円行かないことのほうが多いです。

朝も10時から開いているので、観光前にいっぱい引っ掛けてもよし。

基本立ち飲みスタイルなのでお客の回転も早いです。
運が良ければじっくりやれる椅子席で・・・


福岡食べ歩き ブログランキングへ

赤のれん節ちゃんラーメン

天神中心部でお手頃価格で美味しいラーメンを食べたいと思うなら、中華の夜定食と思われる方も赤のれん!
ラーメン以外の定食や中華丼もいいですよ~
赤のれん ラーメン

このお店、ラーメンが主体ということでもなく、中華料理も多数提供。
赤のれん メニュー

赤のれん メニュー

このように中華料理の定食も充実しています。
今回はラーメンに特化し、また次回更新時に定食を紹介しましょう。

赤のれん 替え玉

ラーメンの麺は平たい面。
この麺を使っているのはここと、馬出にある博龍軒だけと聞いたことがあります。
※博龍軒は余談で最後に書きます。

赤のれんは博多駅界隈で屋台をしていたそうですが、東区箱崎で中華料理店を開業し、九州大学の学生を中心に非常に人気を集めたお店です。
安くてボリュームが有り、飽きの来ないラインナップなので当然でしょう。


赤のれんの跡地はマンションに変わっています。
ここは箱崎小学校の通学路でもあり、帰宅時間帯のラーメンと中華料理の香りがたまりませんでした。

当時は「ヤング定食」とかいろんな定食があったと聞いてます。
それに比べると今は比較的定食の数も絞られたようです。

当時は出前も行っており、スープを半日放置しておくと油の膜が固まっているのを見るのも楽しかったです。

箱崎にあった頃、支店で博多大丸の地下に出店していたこともありました。

箱崎を出て、天神の博多大丸のそばで営業、そして区画整理のために移転して、現在の西通りそばに移りました。
博多大丸の頃は初代?やその奥様もお店の裏で働かれているのを見かけたことがあります。

当時に比べて私の印象ですが、油は少なくなったような気がしますが、麺、スープの味は変わってません。
脂身のあるチャーシューにメンマ、メンマがないと赤のれんとはいえません!
歯ごたえにラーメンの味を変えないけどラーメンに負けない味のメンマはたまりませんよ~

西通りそばに移転されてから日曜も営業するようになっているようなので県外からやってきても入れると思います。

因みに「節ちゃん」とは2代目さんのニックネームじゃなかったですかねぇ。
過去の記憶はあやふやなので間違っていたらご指摘いただけると嬉しいです。

赤のれん節ちゃんラーメン
福岡市中央区大名2丁目6−4


福岡食べ歩き ブログランキングへ

☆博龍軒の余談
いつの間にか有名店になってましたが、四半世紀前までは取材厳禁、マスコミなどによる店舗外観撮影禁止と言われるくらいのお店でした。
初めて取材されたのはTVQの「新おもしろ探検」で当時TVQアナウンサー(現在はフリーのアナウンサー)の川上政行さんでした。
この時も店内、外観は撮影禁止で、川上さんは外の駐車場で映像ではボカシが入った状態でラーメンを食べてました。
恐らくこのエリアに詳しい方じゃないとわからなかったはずです。

当時はタクシーの運転手さんが良く利用されていたのを覚えています。
私はタクシーの運転手さんが溜まっているのを見て、「美味しいお店だろう」と思い、四半世紀前はよく通っておりました。

今はこのエリアに行くことが減りましたので、コメントは控えます。

「メガ盛りトルコライス」HANAMARU厨房

とことんお腹いっぱいトルコライスを食べたいならHANAMARU厨房!
夜も営業していてできたて、揚げたてとんかつが美味しく食べられます!

HANAMARU厨房 トルコライス
左:普通サイズ、右:大盛り。
マンガ冊子と比べれば普通でも十分な量です。

HANAMARU厨房

どっちが裏メニューか忘れるくらい。
じつはこっちが本物。
カレーピラフとナポリタンになります。

上はひっくり返したメニュー。
カレースパゲティとチキンライス。
値段はどっちも一緒です!

名物がトルコライスであって、他の定食などもメニューは豊富。
毎日行っても飽きません。
カツカレーなどの俗に言う定番メニューもあります。

ここの定番はトルコライスですが。

トルコライスは最上級の盛り方があるそうだが、流石にそれは食べたことはありません。
そんなにたくさん食べられないので。

一般の人なら普通で、大食の人でも大盛りで十分なはずです。

県外の方もぜひ試されてください、大食いの方は。

で、公共の交通機関で行くには・・・
どこが正しい最寄り駅かと言われると難しいですね。
そばにはバス停もありません。

天神南駅から、または西中洲から住吉神社へ向かって歩いていけばいいかなと。
歩いてお腹を減らしていきましょう!

HANAMARU厨房
福岡市中央区春吉2丁目2−5


福岡食べ歩き ブログランキングへ