麻婆豆腐定食 節ちゃんラーメン赤のれん

赤のれん マーボドーフ定食

赤のれんを先日取り上げたときは「ラーメン」でしたが、今回はご要望が多かった中華定食です!
検索で「中華定食」でアクセスして頂く方が多かったのでリクエストに応えます。

以前も書いたとおり、ここはラーメン専門ではなく、中華料理店です。

赤のれん メニュー
このように750円の価格帯が中心の中華定食がけっこうあります。

その中でベタですが、麻婆豆腐を選んでます。

ココのものはそんなに辛くないです。
辛さが非常に苦手な私でもスイスイ食べちゃいます。
辛味必須、マストの方は物足りないかもしれませんが、まろやかで中華だしとおそらくラーメンスープが隠し味で入っているのではないかと思うくらいの甘みがあります。

写真のようにけっこうボリュームがあります。
ご飯は足りないかもです。
中華小鉢にポテトサラダ。そして中華卵スープ。
よくありがちなラインナップに見えると思いますが、こういったものが非常に美味しく出せる店が節ちゃんラーメン赤のれんです。

アクセスも天神の中心部。
夜遅くまで営業しているので夜定食にも最適です。

夜定食を演出したかったので、写真にビールの飲みかけが写っていること、ごめんなさい。
ビール中ジョッキが500円。

1,000円にプラスアルファで良い気分で帰宅できることは間違いないでしょう。
因みにラーメン定食も750円でしたから、価格は変わらないですね。

ぜひ赤のれんの中華定食を。

また食べたら入れますよ!
※久しぶりにタイトルに沿ったものが投稿できて良かったです♪


福岡ランキング

★このWordPressのドメインhakata-umaka.linkは



で取得しております。

和風皿うどん ビルマうどん花千里

ビルマうどん花千里、2回めの紹介です。
博多エリアでネタ切れ間近になってます。
時間があれば開拓とか、まだ紹介しきれてないネタを発掘中なのでもう少々お待ちを。

春の季節メニューとして皿うどんを始められたそうです。
ビルマうどん花千里 皿うどん
特製の無添加出汁がベースのあんかけ。
色が鮮やかです。
非常に優しい味で、口の中でふわっと出汁が広がります。

ちょっと物足りないなと思った方は、黒胡椒と白胡椒を適度にかけましょう。
すると味がしっかりします。
これは不思議。
具もたっぷりなので普通の人はこれでお腹いっぱいになります!

ビルマうどん花千里 ビルマうどん

ビルマうどんセット。
ご飯と自家製お漬物が付きます。
ご飯はそのまま食べてもよし、うどんがなくなったスープに投下してもよし。
色々楽しみ方があります!

門司の夜定食には最適ですね、駅そばですから。
このメニューはお昼も提供されているそうなので、お昼の定食にも最適!

現在蕎麦打ちはやめられているようです。

ビルマうどん花千里
北九州市門司区柳町2-3-17


福岡ランキング

トキワ荘のそば 中華料理松葉 五目そば

松葉 五目そば
番外編。
椎名町、トキワ荘・・・手塚治虫さん、藤子不二雄さん、石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんなどの漫画家さんが若い頃に過ごした場所。
そこでよく食べたラーメンが中華料理松葉。

 

まんが道でも出てきたお店です。

松葉

松葉

まんが道では「ラーメン」ばかりでますが、個人的にはここの五目そばが非常に好みなのでコチラを紹介します。
個人的な主観ですが、「五目」という響きが非常に好きで、何となくいろいろ入ってお得感がありそうなので。

写真を見てもらえばわかるように、
・脂身のないチャーシュー
・たまご
・イカ
・白菜や人参などの程よく(柔らかすぎて歯ごたえなしというわけではない)火が通った野菜
と盛りだくさん!
これで800円は安いです。福岡でもこんな価格では出せません。
スープはあっさり。
麺はプリプリの中華麺。
食べごたえのある、これで非常に満腹になれるメニューです。
脂身の少ないメニューなので、低脂質を実践されている方にもおすすめです

以前はラーメンばかりでしたが、近年はこちらに行くと必ずと言っていいほど五目そばです。

椎名町だからと思われるかもしれませんが、池袋からちょっと進んだところ、そんなに外れたところではないです。
福岡で言えば・・・
天神と下呉服町のような関係でしょうかねぇ。

松葉 店内・メニュー

店内。
ほぼ3桁です。
夜定食もしっかりあります。

椎名町

この看板ってまんが道劇中で出てきませんでしたっけ?

椎名町 コクヨ

コクヨの昔のロゴを発見しました。

松葉 五目そば

因みにこれが数年前。
ウインナーが入ってました。
これはこれで旨い!

最寄り駅のうちの1つ、都営の落合南長崎から昔ながらの路地を突き進んでいくのも風情がありますが、
土地勘がないと非常に迷いやすいので注意してください。
目白通りに出て先程の椎名町教会の看板から進んでいけば、意外とショートカットで到着も可能です。
この界隈を歩くと、少し時が止まったような気持ちになります。

中華料理 松葉
東京都豊島区南長崎3丁目4−11


日本全国ランキング

とことんマグロ まぐろ料理紀文 夜定食あり

先日から「夜定食」、「夜ランチ」というキーワードで検索してここにたどり着いていらっしゃる方が多いので、リクエストに応えます!!
まぐろづくしの定食はいかがでしょう?
紀文 天神センタービル 定食
まずはご覧ください、まぐろづくし。
ご飯、高菜、刺身のツマの大根、わさび、ハンバーグ(マグロバーグです)下にあるレタス以外、すべてマグロ!!!

お好み定食Aで税込み1000円です。おかずは選べます。
お好み定食の場合、マグロが入ったお吸い物、ツナサラダ、刺し身、ご飯はつき、
「串かつ、ツナカツ、マグロの唐揚げ、ツナバーグ」
から1つ選べます。

1000円を超える定食、1000円未満の定食、色々あります!
紀文 天神センタービル 定食
コチラがメニュー。
昼限定の定食メニューは撮影してません。
夜もこのメニューがあります。

夜は居酒屋として変わります。
コースもあればいろんなマグロ料理も出てきます。

紀文 天神センタービル テイクアウト
鉄火丼やマグロめしなどはテイクアウトが可能です。

紀文 天神センタービル

場所は天神センタービル地下1階、雨の日も地下鉄天神駅や西鉄天神大牟田線の福岡駅まで濡れずにいけます!
営業は夜9時まで!
ガッツリマグロでタンパク質を補給したい方にオススメです。

料理の選択によっては非常に脂身の少ない健康的なメニューになりますよ!

まぐろ料理紀文
福岡市中央区天神2丁目14−8 福岡天神センタービル B1F


福岡食べ歩き ブログランキングへ

赤のれん節ちゃんラーメン

天神中心部でお手頃価格で美味しいラーメンを食べたいと思うなら、中華の夜定食と思われる方も赤のれん!
ラーメン以外の定食や中華丼もいいですよ~
赤のれん ラーメン

このお店、ラーメンが主体ということでもなく、中華料理も多数提供。
赤のれん メニュー

赤のれん メニュー

このように中華料理の定食も充実しています。
今回はラーメンに特化し、また次回更新時に定食を紹介しましょう。

赤のれん 替え玉

ラーメンの麺は平たい面。
この麺を使っているのはここと、馬出にある博龍軒だけと聞いたことがあります。
※博龍軒は余談で最後に書きます。

赤のれんは博多駅界隈で屋台をしていたそうですが、東区箱崎で中華料理店を開業し、九州大学の学生を中心に非常に人気を集めたお店です。
安くてボリュームが有り、飽きの来ないラインナップなので当然でしょう。


赤のれんの跡地はマンションに変わっています。
ここは箱崎小学校の通学路でもあり、帰宅時間帯のラーメンと中華料理の香りがたまりませんでした。

当時は「ヤング定食」とかいろんな定食があったと聞いてます。
それに比べると今は比較的定食の数も絞られたようです。

当時は出前も行っており、スープを半日放置しておくと油の膜が固まっているのを見るのも楽しかったです。

箱崎にあった頃、支店で博多大丸の地下に出店していたこともありました。

箱崎を出て、天神の博多大丸のそばで営業、そして区画整理のために移転して、現在の西通りそばに移りました。
博多大丸の頃は初代?やその奥様もお店の裏で働かれているのを見かけたことがあります。

当時に比べて私の印象ですが、油は少なくなったような気がしますが、麺、スープの味は変わってません。
脂身のあるチャーシューにメンマ、メンマがないと赤のれんとはいえません!
歯ごたえにラーメンの味を変えないけどラーメンに負けない味のメンマはたまりませんよ~

西通りそばに移転されてから日曜も営業するようになっているようなので県外からやってきても入れると思います。

因みに「節ちゃん」とは2代目さんのニックネームじゃなかったですかねぇ。
過去の記憶はあやふやなので間違っていたらご指摘いただけると嬉しいです。

赤のれん節ちゃんラーメン
福岡市中央区大名2丁目6−4


福岡食べ歩き ブログランキングへ

☆博龍軒の余談
いつの間にか有名店になってましたが、四半世紀前までは取材厳禁、マスコミなどによる店舗外観撮影禁止と言われるくらいのお店でした。
初めて取材されたのはTVQの「新おもしろ探検」で当時TVQアナウンサー(現在はフリーのアナウンサー)の川上政行さんでした。
この時も店内、外観は撮影禁止で、川上さんは外の駐車場で映像ではボカシが入った状態でラーメンを食べてました。
恐らくこのエリアに詳しい方じゃないとわからなかったはずです。

当時はタクシーの運転手さんが良く利用されていたのを覚えています。
私はタクシーの運転手さんが溜まっているのを見て、「美味しいお店だろう」と思い、四半世紀前はよく通っておりました。

今はこのエリアに行くことが減りましたので、コメントは控えます。