恵方巻き 甚八寿司@馬出

甚八寿司 恵方巻き

個人的に言えば寿司といえばここになります。
お手頃でボリュームもあるので。

本日は恵方巻きだけ、1本700円。
通常の太巻きよりも飯も具材もボリュームが有る作りになっています。

甚八寿司 断面

ここの卵が美味しいのと、ボリュームの立派なこと、そして酢飯のあまりベタベタしていない感じが程よいので
美味しくいただくことができます。

ご近所の方や、結構遠くから来るまで乗り付ける方もいます。

店内に在庫が無くなりそうになれば、すぐに作るようにお店から連絡が行きます。

イベント物の食材はこういうところで買うのが1番です。
無理に予約を取ろうとするところも嫌だし、作りすぎて大量廃棄もひどい話です。

ここは自然に人が集まって、それだけ売れていくお店でもあります。

甚八
福岡市東区馬出1丁目13−3


てつやとのりこのたまごと自家製カレー 珈琲ふじた@渡辺通り

珈琲ふじた 入り口メニュー

14時前。昼食を食べ損なったから軽く喫茶店でもと探していたら、「板垣ファーム」の卵とあったので入ってみることに。

nasanで食べたベーコンエッグパンに使われていた卵。
「てつやとのりこのたまご」が食べられるので期待してエッグカレーランチにすることに。

サラダまたはヨーグルトをつけることができます。
14時位なので、食事よりは珈琲で寛ぐ人が多いです。
ボリュームを抑えてクラシックを流している店内。
フリースポットwi-fiではなく、自身で引かれた回線をwi-fi提供してくれます。

珈琲ふじた エッグカレーランチ

エッグカレーランチ。
後でコーヒーが付きます。

サラダはさっぱり目のドレッシング。

珈琲ふじた エッグカレー

カレーはスパイシー。
※ここからは辛さ耐性ゼロと理解して読んでください。
普通の方なら「ちょっとスパイス」という感じでしょう。

「てつやとのりこのたまご」で作られた玉子焼き、カレーに入っている牛肉がスパイスとあっているので、スパイシーながらも食べやすいカレーと私には感じます。

カレーは人気があるんでしょうね、冷凍で持ち帰りもできるそうです。

珈琲ふじた 珈琲

コーヒーはネルドリップでコクのあるコーヒー。
スパイシーになってちょっとヒリヒリした口の中を癒やしてくれます。
※ヒリヒリするのは辛さ耐性がないからだけです。

珈琲ふじた 

居心地が良かったから、コーヒーだけとか他のメニューも考えてみようかななんて思っております。

珈琲ふじた
中央区渡辺通2丁目8−29 都地ビル 1F

タカクラホテル福岡から近いです



カプチーノとたこ焼きで CAFE&カレー MIZUTANI@須崎公園

CAFE&カレー MIZUTANI カプチーノ たこ焼き

日曜日の昼下がり。
散歩がてらに北天神。
ウロウロするとたこ焼き屋があったので入りました。

1人でしたが、4人がけのボックスシートに通されました。

CAFE&カレー MIZUTANI メニュー

たこ焼き、カレー、定食、ビール・・・
いろいろあるんですねぇ。
おまけに24時まで営業されているのか。

軽くおやつ気分だったのでたこ焼きとイタリア製マシーンを使ったカプチーノにしました。

CAFE&カレー MIZUTANI もちこみ

こちらは外の自販機で販売されている飲み物なら持ち込みOKだそうです。
コーヒー飲みたいし。

ボックスシート、結構居心地いいですよ。
漫画もたくさんあるし、Do Spot Freeのwi-fiもあります。

CAFE&カレー MIZUTANI たこ焼き

紙コップに入ったカプチーノとパックに入ったたこ焼きが出てきました。
鰹節たっぷり、甘めを抑えたソース。
中のタコはちょっと小さいかな・・・

持ち帰りにするより店内のほうがいいな、居心地もいいし、漫画も読めて。

先客のグループはビール片手にいろんなものをつまんでいたようです。

メニューを見ると結構豪快な定食もあるようで・・・

天神の中心部から離れているので、外は静か。
コーヒーチェーン店でくつろぐよりは私にはこちらで漫画とたこ焼きとカプチーノでくつろぐほうがいいかな。

定食は気になるので、日曜の夜とかに行ってみよう。

カフェ&カレー ミズタニ
中央区天神5丁目1−12

表面パリッ、中はふっくらお好み焼き 六甲@下川端

六甲 下川端 昼メニュー

リバレインのそばにあるお好み焼き屋さんです。
13時過ぎ。
一段落したようでお客さんもまばら。

お好み焼きが食べたかったから、量が多目の「特製」とあっさり注文しました。
「15分ほどかかりますがいいですか?」
と聞かれました。
時間に余裕もありましたからOKして待ちます。

メニューを見ると昼は定食もあり、オムライスとか焼き飯とかもあるんだなぁと眺めていると、先客のオムライスを作る大将。
お好みの鉄板で作る光景を見ていると、今度はオムライスもいいな~なんて。
鉄板で焼ける玉ねぎの香りが店内に広がります。

六甲 下川端 夜メニュー

夜もいろいろメニューが有っていいな。

お好み焼きは女将さんが手際よく別の鉄板で作っておりました。

六甲 下川端 特製

15分位でできました。
中はふんわり、具沢山の特製お好み焼き950円。
エビ、イカ、豚が入り、結構野菜も入ってます。
中はふっくら。

オムライスも見ていていいなと思ったけど、やっぱりお好み焼きでよかった~なんて思いながら食べました。
ソースは甘さを抑えたもの。
マヨネーズはボトルを置いてくれますので、自身で好みの量をかけることができます。

冬場は鉄板のおかげで食べながら温まれるので、非常に居心地もいいです。

六甲
博多区下川端町1−331


一品ずつ選べるおかずのランチ 酒房 やす@下川端

やす メニュー

おかずを食べたいものだけ、食べたい数を選べるランチ。
定食とは違う形式なので選べるのが楽しいです。

システムは簡単。
ご飯:170円
おかず:170円
小鉢:120円
味噌汁:100円。

お店に入ると
「好きなおかずを取ってこちらに来てくださいね」
と言われます。

やす コロッケ ハンバーグ

鰈の煮つけ、コロッケとハンバーグの皿を取り、案内された席へ。
「味噌汁100円でつけられますか?」
「お願いします」
味噌汁を持ってきてもらえます。

そして伝票が書かれます。

やす 鰈の煮つけ

以下のラインナップは
ごはん:170円、鰈の煮つけ:170円、コロッケとハンバーグ:170円、味噌汁:100円
合計で610円。

この界隈では非常にお得な価格になります。

やす ランチ

おかずはすでに出来上がったものなので、冷えています。
そこは仕方ないかもしれませんが、カレイの煮つけはしっかり味もしみて、鰈も肉がしっかりついているから美味しいです。
コロッケはクリームコロッケ。
クリームたっぷり。

ハンバーグはニラが混ざったものです。

味噌汁は薄揚げ、豆腐、大根が入ったもの。

おかずの量を減らせば、500円以内で済ませることも可能です。
ご飯は多めについでくれますので、少なめの方は入店して早めに言ったほうがいいでしょう。

家庭料理みたいなのが多いので、性別年代問わずお客さんがいました。

夜は結構混み合っていて何度か入れなかったので・・・

酒房 やす
博多区下川端町8−17