冷泉町の人情味あふれる喫茶店の600円ランチ コーヒーショップタカラ

土居町付近から博多駅の方向へ歩いておりましたら気になる喫茶店が。
空腹だし、お昼も13時回っていたし、ということで入ってみました。
流石にランチタイムは終了といった感じでお客さんは私だけ。

コーヒーショップタカラ さんま塩焼

すぐ出てきます。
大食な私には少なめに感じますが、普通の方にはちょうどいいのではないでしょうか。
ちなみにご飯のおかわりは無料です。

秋刀魚には希望したらかぼすをかけてくれます。
大根おろしをしっかり添えてくれるのもうれしいです。

あ、「魚食べるの上手ね」と褒めてくれました、こちらの女将さんから。
コーヒーショップタカラ

ご飯のおかわりもたくさん!
「若いから・・・」
みたいな感じで言ってくれますが、私結構年を食っているんですよね・・・

あとお味噌汁もおかわりもらえました。
ランチタイムも終了ですからね。
うれしいです。

しっかりした味付けに油揚げと豆腐が入った嬉しいお味噌汁です。

コーヒーショップタカラ 外観

山笠の通るルートなのでそばに勢い水の場所があります。
意外と目立つので探すのは簡単と思います。


日本全国ランキング


福岡ランキング

コーヒーショップタカラ
福岡市博多区冷泉町8

福岡も涼しくなり、秋刀魚も美味しい時期になりますね。

ラーメン、定食など冷泉で地元の人が通い続けるお店 再来軒

冷泉で美味い定食、ラーメンを食べられるお店と教えてもらい行ってきました!
再来軒 メニュー

まずはこのメニューの豊富さ。
ラーメン、ちゃんぽんだけではなく、焼肉定食、とんかつ定食など色々あります。
夜はビールもあって良さげな雰囲気です。

ちなみに私が行ったタイミングはランチタイムも終わった13時過ぎ。
常連の方が、女将さんと食事をしながら話しておりました。

お昼のオススメとある半チャンセットにしました。
再来軒 半ちゃん
長いカウンター席からチャーハンができる様子を見ております
見えます。
パラパラに炒め上がる瞬間、そして手際良さ。
見事です。
味も素朴で、脂っこくありません。

再来軒 ラーメン

ラーメンもスープはあっさりめ。
飲んだ後にふわっとコクが感じられます。

夜の飲みながらラーメンというのもいい感じがします。

再来軒 替玉

替玉もしております。

店内は博多山笠の西流の飾りもあって良い雰囲気です。
世代を超えてこのお店のファンもいらっしゃるようです。
そういう地元の人から愛されるお店は素敵ですね。

再来軒 替玉

大博通りからすぐですが、目立つものもないのでちょっと探しにくいかもしれません。
そしてこの界隈は色んなお店があるので目移りするかもしれません。

アクセスは「櫛田の表参道」をとにかく探しましょう。
それがわかればすぐです。


福岡ランキング


日本全国ランキング

再来軒
福岡市博多区冷泉町5−22

博多メシ 男厨

博多駅、祇園駅からも近くてうまいものがいっぱいあるお店。

旨い魚をたらふく食べたいならここを薦めたい。

まずは刺身の盛り合わせ。

他所よりも分厚く切ってくれる。

旨い魚をたくさん食べた、まさにそんな気分。

薄かったら寂しいもんね。

イカ。

定番ですね。

フォアグラの茶碗蒸しはぜひ食べておきたい。

あとは手書きで書かれた当日おすすめのメニューからチョイスするのもオススメだ。

ビールのグラスにもこだわっており、ぬるくなりにくい作り。

乾杯から楽しめる。

日本酒も焼酎も結構品揃えがあるので、色々九州の地酒を楽しんで欲しい。

試合後、アウェイの方には本当にオススメ。祝勝会、宴会にはもってこいだ。

博多駅界隈で宿を取ったならココはベスト。

わかりづらい方は「博多区役所」を目指そう。そのそばだ。

 

博多メシ 男厨
 

春月庵 承天寺前店

博多はうどん、そばの発祥地と言われている。

博多駅から徒歩10分程度か、承天寺の境内にはこのように石碑も立っている。

承天寺のそばに、春月庵といううどん・蕎麦屋。

ここは14時以降は追加金発生せず、食べ放題となる。

食べ放題、店員はケチケチしていることが多いが、ここはそうではない。積極的におかわりを薦めてくる。

うどん、蕎麦、温かいもの、冷たいもの・・・

いずれも14時以降は食べ放題。

おまけにそろそろお腹いっぱいかと思い食べるのやめようかなと思ったとき

「追加されませんか?まだまだいいですよ!お出汁も足しましょうか?」

と悪魔の一声。

それで見栄を張って追加するのも一興かと。

ごぼう天蕎麦
更に追加

ここの蕎麦は意外とお腹にずっしり来る。まだまだ食べられそうだがと思う頃が引きどきかな。

場所は意外とわからない方が多いので以下の写真、祇園の富士ゼロックスを目指し、そこを右手に進もう。