モツ鍋の締めは「蕎麦」 もり屋@祇園

リピート。
今度はモツ鍋狙い。以前の記事はここ

もり屋 ハイボール

ジムビームのハイボールを結構濃く作ってくれるもり屋。
以前の串について書いたとおり。

もり屋 櫛

串のときには人数分博多だしの器と関東だしの器を持ってきてくれます。

もり屋 モツ鍋

今回はモツ鍋~
スープは煮込んじゃうと塩辛くなってしまうので煮立ったら、ある程度火を弱めましょう。
もつもたっぷり。
唐辛子が多いから「う~」と辛さで唸っちゃいましたが・・・
辛さ耐性なしです。

普通の人ならピリッとレベルで美味しく楽しめます。
もつはプリプリのうちに食べましょう。
もり屋 締め 蕎麦

締めはちゃんぽん麺もありますが、蕎麦屋なら蕎麦!!
結構豪快に入れてくれます。

蕎麦うまし~

あと、串のときに出てくる出汁は全部のんじゃだめ。
蕎麦湯で美味しく割りましょう~
これで酔い覚ましができます。

平日しかやっていないお店だったはず。
サッカー観戦の後にはちょっと厳しいです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

もり屋
博多駅前2丁目19−17

ジムビーム ホワイト 正規 40度 700ml×12本【ケース12本入】【送料無料】[長S]ハイボールにイチオシ♪ [ウイスキー][ウィスキー]

選べるおかずと御飯と味噌汁はおかわり自由 おひるの店やました@祇園駅そば

おひるの店 やました

住所は「博多駅前」ですが、祇園駅から徒歩1分のところなので「祇園エリア」で書いています。

ビルの地下の食堂街ってちょっとワクワクします。
どんなお店が入っているのかなと。
先日博多大博通ビルディング前を通り過ぎたとき「おひるの店やました」と入った看板も見えたので、気になって入りました。

11時半頃。11人入れるお店はほぼ満席。
私が入ったタイミングは全員女性。

価格は800円。大皿追加が+200円、小鉢追加が+100円、御飯と味噌汁のおかわりは無料。
メイン大皿が2種用意されています。
この日は和風麻婆豆腐とサバの天ぷら。

周りの方が麻婆豆腐が多かったので、サバにしました。

「小鉢を選んでね」
とお母さん。
店内に「スパサラダ 小松菜 きんぴら」とありました。
スパゲティサラダと小松菜を選び待ちます。

その間にもお客さんが入ってきます。
奥ではもう1人の女性が天ぷらを揚げ、味噌汁の用意。

カウンター前のお母さんはお茶を付いだり、小鉢の用意をしたり、ご飯の用意をしたり。
いろんな方と会話をして。

おひるの店 やました ランチ

出てきましたのがこちら。
味噌汁はほんのり柚子胡椒入り。
梅干しやふりかけは譲り合って取ります。
隣りに座っていた女性が梅干しの器を取ってくれました。

客層も非常にいいのでしょう。
幸せ気分満載。おまけに漂ってくるサバの天ぷらの香りが良いです。

おひるの店 やました サバの天ぷら

早速サバの天ぷらを。
何もかけないほうが良いかと。
醤油とソースが用意されていますが、下ごしらえのほんのり塩がちょうどよいです。
小さく見えますが結構肉厚。

「今日は良いサバが入ったからねぇ」
とお母さん。

こんないい店があったとは。

おひるの店 やました スパゲティサラダ 小松菜

スパゲティサラダはマヨネーズベトベトではなく、程よい味付け。
小松菜のおひたしもさっぱり。味付けも塩辛くなく、小松菜の程よい味がします。

これで800円とは。

おひるの店 やました おかわり

おかわりいただきました、ご飯も味噌汁も。
「おかずもなくなったんだね」
とお母さん、
「ちょっとだけね」
ときんぴらを分けていただきました。

別の女性は
「こんなに食べられるかな~」
なんていいながら、あまりにもの美味しさにガッツリサクッと食べていかれました。

よく食べる人だと思われるんですよ、おデブじゃない、線は結構細いほうですが。

こんなにしていただいて本当に嬉しい限り。
これはリピ確定です。

12時前には行列ができています。

年代性別問わず、常連のご年配さんもいらっしゃるようです。
メインは界隈の会社員の方です。

おひるの店 やました 入口

祇園駅を4番出口出て、博多駅方向に横断歩道2つ渡ればこの階段がありますので、ここから下りましょう。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

おひるの店やました

博多区博多駅前1丁目5−1
博多大博通ビルディング B1F



うまくやれば1人1,000円以内 2種類の出汁を楽しもう もり屋@祇園

祇園駅のほうが近いので「祇園エリア」にしております

夜の部へ。
3次会クラス。
結構飲んでいるので締め状態。

もり屋 ドリンク

ドリンク、1杯200円から。
お店の前に飾っている木挽ブルーも200円。ボトルなら1500円。

めっちゃ安い!

もり屋 メニュー

串ものとかも結構安いので、とりあえず肉盛り5本のセットを。

もり屋 出汁

人数分出汁を持ってきてくれます。
左の黒の器は関東だし。右の白の器は博多だし。

もり屋 串天 肉

串は牛肉とかウインナーとかいろいろ。
酔っ払いすぎて覚えていません。

ジムビームの温州みかんハイを飲んでました。
みかんの香りとジムビームの癖がマッチして美味しかった。

串に戻りますが、串は出汁をつけて食べます。

どちらの器も自分の器ですから、他の方と共用することはありません。
最後はついつい飲んでしまいます。

もり屋 そばの素揚げ

そばの素揚げ、100円。
100円でめちゃくちゃ盛ってくれます。
おそらく1人では飽きるくらいです。

美味しくてやめられないんです。
某麺スナックより香ばしく、蕎麦の香りも強く、美味しいです。

先程の出汁に投入して食べるとさらに美味しい!

複数人いる場合、軽くやれば1人1,000円以内で済むと思います。
コスパもいいし、出汁もうまい。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

もり屋
博多区博多駅前2丁目19−17

ネストホテル博多駅前からならすぐそば

分厚い刺し身に華やかな前菜 男厨

男厨 前菜

久々にこちらに行きました。
前菜から見事なものが。
糸島豚や近海で取れた魚、明太子など・・・
これだけでも博多のうまいものが楽しめます。

奥の黄色の液体はレモンリキュールのソーダ割り。
食前酒にさっぱりと頂けます。

男厨 男厨盛り

なんと言ってもここは魚の切り身が分厚い。
食べた気持ちになれるということで刺し身1枚が分厚いです。

男厨

日本酒はこのように入れてくれます。
ちょっとおしゃれです。

バッテリー不足で撮影為損なったものが多いですが、フォアグラの茶碗蒸しは健在。
そして土鍋飯は魚の旨味を逃さない美味しい香りのご飯。

そして味噌汁とともに締めます。

お値段も周囲の居酒屋よりはワンランク上ですが、それ以上のサービスが有る美味しいお店です。

様々なサイトで5000円の予算となっておりますが、特にお酒が進む方は6000円以上は予算を組んでおいたほうがよろしいでしょう。

男厨
博多区博多駅前2丁目12−12 第5グリーンビル 1F

男厨はdグルメにも掲載中


お酒は安く 大久保酒店@祇園

※博多駅前という住所ですが祇園駅のほうが近いので祇園エリアにしています。

冷泉閣ホテル駅前から水道局を通ると酒屋さんが見えます。

20時は回っていませんでしたが入ってみました。

酒のケースに座った人々・・・おそらくご近所の人々が集まっておりました。
テレビを見ながら一喜一憂みたいな状況です。

とりあえずビールを取って・・・
「会計は最後でいいですよ」
と店主。

「すんません、食べ物もう少なくてごめんなさい」
と言われ、煮付けとかを適当にチョイス。

1度温め直してくれて煮付けは出てきます。
濃い味付けではなく、程よい味付けの煮付けと炒めものです。

お酒はいろいろあるようです。
魔王がキャンペーンなので飲んでみました。

どっぷり入れてくれます。
結構濃く作ってくれたお湯割りです。
じっくりやりたい方はじっくりと。

角打ちなのでさっと飲んで帰りたい方はさっと。
それができそうな空間でありました。

大久保酒店
福岡市博多区博多駅前1丁目27−14