「きしめん」 戸隠そば 福岡ビル地下1階

30年くらい前からしょっちゅうではないが比較的利用しているお店。
何故かいつもここできしめんを食べる、蕎麦屋なのに。
歴史は30年以上前から。
いつからあるのかは知らないが、年配の人に聞いてみるとご存知のかたが多い「戸隠そば」。
まず、レジで食券を買う。人から買うのも30年前と変わらない。

戸隠そば

その後に大人にはお茶が基本的に出る。
子供はお冷。
週末は子連れのお客さんも多い。だって天神で買い物をして、軽く食事をして帰るのにはいい場所だから。

戸隠そば きしめん

きしめん。
鰹節の香りが非常にいい。
鰹節の香り、薄揚げ、やや塩気の強い出汁。
博多うどんとは違った食感のきしめん。

この店に行くと何故かきしめんを選んでしまう。
冬場でも冷やしきしめんを出しているので、ファンは非常に多いと思われる。

30年前は祖父母や叔父、叔母によく連れられてきた。
天神で蕎麦(私は絶対きしめん)を食べる時は必ずここであった。
30年前とほとんど変わらぬ佇まい、食券方式、味。

ここの鰹節をしっかり食べていると、身体から鰹の香りが滲み出てくる。
僅かだけど。

福岡ビルの地下も随分変わってしまった。
ロイヤルの洒落たレストラン、喫茶店はエスト以外にももう1つあったが亡くなってしまった。

福岡ビルの地下は古めかしく感じるが、何となく好きだ。

戸隠そば
福岡市中央区天神1-11-17 福岡ビル地下1階

高島屋 柳橋連合市場

市場の中を歩き回るのって結構好きなんです。
面白いものを見つけたり、びっくりするほど安いものを見つけたり・・・
福岡市の天神から南へ。博多駅から西へ。
「柳橋連合市場」の中にあります。その中の美味しいパン&和菓子といえば「高島屋」!!

高島屋

最初は「百貨店の高島屋?」と思っていたのですが、地元でずっと営業されているお菓子屋さんだそうです。

高島屋レモンケーキ

一時期レモンケーキを製造やめていたそうですが、また復活!
今は寒い時期なので持って帰るには最適かもしれません。
以前、夏場に持って帰ろうとしたら
「早めに冷蔵庫に入れてくださいね」
と店員さんから声をかけてもらいました。
そのくらいデリケートなものなのでしょう。

高島屋ハンバーガー

そしてパン。
手軽にランチタイムが楽しめるハンバーガー。
結構大きいのですよ。
他にも別の種類があります。
あとは定番のカレーパンとかも絶品!!

お向かいにコーヒー屋さんがあるので、もう少し暖かくなれば、パンとコーヒーで外ランチもいいですね。

日曜日が休みなので、県外の方はタイミングが合えば寄ってみてください。
市場を開拓するのも楽しいですよ!!

高島屋(←柳橋連合市場公式サイト内)
福岡市中央区春吉1丁目5番1号

『ちゃんぽん』 タケシタベーカリー

外観に「名物」と入っていたのでついつい。

看板に大きく「ちゃんぽん」とあったのでオーダー。

パン屋さんなのに「ちゃんぽん」。

ここのパン屋さんは喫茶部も併設されており、朝7時から夕方4時頃までは喫茶店も、朝10時半から昼2時までは昼食も提供されてます。

以前は近隣施設で別に食堂を営業されていたようですが・・・

ちゃんぽん。

器がけっこう大きいです。そばのお冷グラスと比べてもわかるかと思います。

具はキャベツ、もやし、コーン、豚肉が中心、あとはかまぼことかちくわです。魚介類は余り入ってませんね。

650円、この大きさなら文句はないでしょう。

スープはあっさりしてますが、結構味がしっかりしてます。魚介の味も染み出しているようなので、ベースには入っているのかもしれませんね。

他の方が食べていた料理も見えたのですが、全体的に器も大きく、ボリュームも比較的ある方だと思います。

パン屋さんなので、「お好きなパン1個と麺類のセット」とかあったらいいのにな~なんて思いますが、喫茶部はご飯物もしっかりあります!!パン屋らしくなくて結構いいと思います!

因みにタケシタベーカリーは福岡市の学校給食用パンとして出しているパン屋のうちの1つです。私が通っていたところは「唐人ベーカリー」でしたが。校区等によって違うのでしょうね、独占もよろしくないし。

夕方4時以降はパンのセール。半額になるので結構お買い得。

アクセスは西鉄バス「那珂下原」バス停そばです。JR竹下駅からも歩いていける距離です。

タケシタベーカリー
福岡市博多区那珂2丁目22−5

『一銭洋食』 お好み焼き さとし-北九州市門司区 

写真の整理が進んでいないので、今日も番外編になります。

北九州の門司区、門司駅界隈で用事がありました。偶然「一銭洋食」という掲示を見て思わず入りました。

一銭洋食の起源や発祥、何でこんな名前になったかは私にはわかりませんが、「醤油ベース」のものは北九州市若松区を言われています。

若松と門司は港町(扱っているものなどは違うと思いますが)で何かしら共通する点(現在レトロな建物も非常に多い)があるのかもしれません。

門司もそうですが、北九州の至る所に広がったようです。

一時は余り見かけませんでしたが、最近になって徐々に復活させている所も多いとか。コチラのお店は復活させて6年ほどと伺いました。

一銭洋食は250円。

具はキャベツやもやし。香ばしい粉とほんのりと香る醤油が食欲をそそります。縁側はパリッとした食感もします。食べて楽しいです。

まあ昼時はこれではお腹が減ってしまいますので、シーフード焼きそばを。

一銭洋食で甘い香りを楽しんだあとはややしっかり目の甘辛ソース。

門司のたこ焼き、焼きそばのソースは甘辛タイプが多いようです。これもすでに食べログに書いており、こちらに余裕があれば書いてみたいと思います。

エビとか色々入っていてお腹いっぱいに。

あなたの町にも一銭洋食的なものがあるかもしれません。

門司駅界隈はたこ焼き屋、お好み焼き屋の激戦区なんですよ、大阪や広島より単位人口当たりの数は多いのではないかなと思います。

お好み焼さとし
北九州市門司区柳町2丁目3−10

『豚骨カレーライス』 麺ず倶楽部

寒いですね。部屋で暖房を余り入れないので、自らの代謝で体を温めているせいか、非常にお腹の減りが早い毎日です。

 

このお店は2回めの投稿です。

今回はラーメンの紹介ではなく豚骨カレーライスの紹介!

カレーを豚骨スープで作ったものです。

盛り付けも洋食屋さんみたいでおしゃれですよね。

恐らく元はスパイシーなカレーだと思います。これを甘みがあり、脂っこさが少ないけれどもしっかりした味の豚骨スープとのブレンドで、非常にまろやかでスパイシーさも少し味わえる美味しいカレーに仕上がります。

※スパイシーなカレーや辛いカレーは苦手なので・・・

具は溶け残った豚肉の塊。

豚の角煮のようなとろ~っとした状態に仕上がってます。カレーの肉の塊は硬く感じることもあるのですが、ここのは非常にまろやか。

角煮と表現しているのは噛むと脂身部分からの美味しさも出てくるから。

 

寒い中、温かいもの、特に汁物が恋しくなります。私もそうです。

今回はあえてカレーに。これもこれで温まりますね。豚骨スープの栄養もありますからうってつけでしょう。

以前紹介できなかったメニューをこのように紹介することもあります。

できるだけ開拓もしていくのでぼちぼち読んでいただけると嬉しいです。
麺ず倶楽部
福岡市博多区古門戸町4−24