魚もほかもいっぱい!海鮮料理屋兼平鮮魚店 舞鶴店

川端商店街のお店のランチには以前よく行ってましたが、久々に舞鶴のお店へ。
海鮮料理屋兼平鮮魚店 刺身盛り
たくさん食べたくなる刺し身盛りっていいですね。
分厚いほうが私も好きです。
薄く切るのも技術だと思いますが、食べたという気分になるのは厚い方だと思ってます。

海鮮料理屋兼平鮮魚店 豆腐
海鮮系だけだと何かしら寂しくなるのでこういう豆腐で落ち着かせてくれるのもいいですね。
濃くて美味しいです。
おまけにまろやか。

海鮮料理屋兼平鮮魚店 サラダ
定番サラダ。みずみずしさが伝わっていればいいですが。

海鮮料理屋兼平鮮魚店 ニラ玉
私はニラ玉が気に入っていてあれば頼みます。

魚料理がメインですが、結構色んな種類があります。
焼酎も多いですが、日本酒やワインもそこそこ揃っていました。
焼き物なども豊富なのでスタッフの方に聞いてみるといいですね。

駿台予備校の裏通り、西鉄バス「舞鶴一丁目」バス停も近いので、軽く飲み、しっかり飲み、どちらでもいい感じです。
雰囲気も落ち着いた空間なので結構いいですね。

出張にもオススメでしょうか。
この界隈にホテルも結構有りますから。

川端のランチってまだやっているかな~??

海鮮料理屋兼平鮮魚店 舞鶴店
福岡市中央区舞鶴1丁目1−27


福岡ランキング

レベルファイブスタジアム2017 スタジアムグルメ2

レベスタ ステーキ串

レベスタで長い間、肉の串を直火で焼き続けるお店。
2000年には既に存在していたと思います。
それ以前は記憶に無いです。
牛ステーキは1本400円。
鶏ももは1本300円!

バックスタンドの本当にわかりやすい位置にあります。
ここは外せません。

レベスタ ステーキ串 直火

このように直火。
出来上がるのが待ち遠しいです。

以前は牛ステーキとカルビ串しかなかったのですが、いつの間にか鶏などどんどんメニューが増えています。
以前はクジラの串もあったのですが、無くなったメニューもあります。

種類によっては「塩ですか?タレですか?」と聞かれます。
鶏皮を頼んだときと思います。

私は極力低脂質なものを選んでますので、牛ステーキと鶏ももがメインですね。

余談ですが、昨日はレベルファイブスタジアム付近ですごいヒョウが降り、試合が中断したようで。
DAZNの見逃し配信を見てびっくりしました。
その後一気に冷えたと実況アナウンサーも言ってましたが、この時期のサッカー観戦は風邪引かないようにしないといけませんね。

福岡市内の別のエリアにいた知人は雨だけですんだと言ってましたが。

この日は用事があり北九州にいましたが、突然のにわか雨くらいでした。


福岡ランキング

レベスタでおやつと言えば!

レベルファイブスタジアム2017 スタジアムグルメ1

2/26はJ2開幕。
せっかくなのでレベルファイブスタジアムのスタジアムグルメを紹介しましょう!
アビスパのホームゲーム、レベルファイブスタジアムのバックスタンド裏の屋台村はずっと有名です。
ステーキ串、ポップコーン、博多うどん、シュラスコ・・・色々揃ってます。

今回は「広島風お好み焼き」とポップコーンの紹介。
レベスタ スタジアムグルメ一番星
けっこうこの写真、自信作です!

レベスタ スタジアムグルメ一番星
博多お好み焼きで有名な「一番星」が何故か「広島風」を焼くというちょっと不思議な屋台。
一番星についてはかんたんに触れておきます。(→一番星公式サイト
元々は軽自動車屋台のお好み焼き屋さんだったそうで。
その後、東区香椎駅裏でけっこう長い間、お店を出されている有名な博多のお好み焼き屋です。
現在は香椎参道バス停付近に区画整理?のために移りました。
また、海の中道海浜公園でも出店しています。

博多お好み焼きの特徴は甘辛いソースと、ギュッと濃縮したような感じで押さえ込んだお好み焼き。
力任せに押さえ込むのではなく、抑え方にはそれぞれの特徴があるようで。
私の印象です。

レベスタ スタジアムグルメ一番星

レベスタ スタジアムグルメ一番星

それが何故広島風??
恐らくパックに入れやすいからだと思いますが、それ以外に理由がわからないです。
作っている様子は本当に好きです。
手つきは本当に丁寧。
香椎のお店もそうですけど。

もつ入のお好み焼きもありますが、あっという間に完売することもあるそうなので、食べたいならさっさとスタジアムに入ってしまいましょう!
レベスタの裏名物でしょう。

お次は定番のジェリーズポップコーン。
楽天のスイーツお菓子ランキングでも1位を取ったことのあるポップコーン屋さんです。
レベスタ ジェリーズポップコーン


こちらもキャラメルポップコーンは焼いてます。
レベルファイブスタジアムメインゲートから入って、アウェイ側に行こうとしたらあま~い香り。
これにやられてしまいます。
出来たてには乾燥剤が入ってないので、その日のうちに食べちゃいましょう!

★試合には勝ち負けがつきもの。
 好きなチームが負けて怒ってブーイングして帰るなんてだめです。
 例え結果は貴方の望む結果ではなかったかもしれない。
 でも、美味しいものは貴方を裏切りません!

1試合で全部回れる大食漢ではありません。
また他の店舗は改めてレポートします。


福岡食べ歩き ブログランキングへ


よかたい 博多駅構内 ほろ酔い通り

本当に時間がないとき、めちゃくちゃ安く済ませたいときであれば「よかたい」に限ります!
筑紫口には「総本店」を構えておりますが、先程も記載したように「時間がない」、この条件をクリアできるお店はここになります。

構内なので新幹線、JR、地下鉄、どの路線にもすぐにアクセスできます。
またJR九州の中央改札は直ぐ側です。
電車待ちや途中下車可能な切符を持っている人にももってこいですよ!

よかたい サクサクごぼう天

博多といえばごぼ天でしょう!
サクサクスティックはビールでも焼酎でもピッタリ!


洋食系のものも出してくれます。
和食がメインですが、こちらのお店は洋食系も出てきます。

魚の仕入れがあれば「ゴマサバ」も食べられます。
冬はおでん、博多なら「餃子巻き」でしょう!
博多のうまいものが安く、手軽に食べられます。

価格も手頃でどれをとっても美味しい!

2時間飲んでも予算は1人2000円強。
2000円行かないことのほうが多いです。

朝も10時から開いているので、観光前にいっぱい引っ掛けてもよし。

基本立ち飲みスタイルなのでお客の回転も早いです。
運が良ければじっくりやれる椅子席で・・・


福岡食べ歩き ブログランキングへ

赤のれん節ちゃんラーメン

天神中心部でお手頃価格で美味しいラーメンを食べたいと思うなら、中華の夜定食と思われる方も赤のれん!
ラーメン以外の定食や中華丼もいいですよ~
赤のれん ラーメン

このお店、ラーメンが主体ということでもなく、中華料理も多数提供。
赤のれん メニュー

赤のれん メニュー

このように中華料理の定食も充実しています。
今回はラーメンに特化し、また次回更新時に定食を紹介しましょう。

赤のれん 替え玉

ラーメンの麺は平たい面。
この麺を使っているのはここと、馬出にある博龍軒だけと聞いたことがあります。
※博龍軒は余談で最後に書きます。

赤のれんは博多駅界隈で屋台をしていたそうですが、東区箱崎で中華料理店を開業し、九州大学の学生を中心に非常に人気を集めたお店です。
安くてボリュームが有り、飽きの来ないラインナップなので当然でしょう。


赤のれんの跡地はマンションに変わっています。
ここは箱崎小学校の通学路でもあり、帰宅時間帯のラーメンと中華料理の香りがたまりませんでした。

当時は「ヤング定食」とかいろんな定食があったと聞いてます。
それに比べると今は比較的定食の数も絞られたようです。

当時は出前も行っており、スープを半日放置しておくと油の膜が固まっているのを見るのも楽しかったです。

箱崎にあった頃、支店で博多大丸の地下に出店していたこともありました。

箱崎を出て、天神の博多大丸のそばで営業、そして区画整理のために移転して、現在の西通りそばに移りました。
博多大丸の頃は初代?やその奥様もお店の裏で働かれているのを見かけたことがあります。

当時に比べて私の印象ですが、油は少なくなったような気がしますが、麺、スープの味は変わってません。
脂身のあるチャーシューにメンマ、メンマがないと赤のれんとはいえません!
歯ごたえにラーメンの味を変えないけどラーメンに負けない味のメンマはたまりませんよ~

西通りそばに移転されてから日曜も営業するようになっているようなので県外からやってきても入れると思います。

因みに「節ちゃん」とは2代目さんのニックネームじゃなかったですかねぇ。
過去の記憶はあやふやなので間違っていたらご指摘いただけると嬉しいです。

赤のれん節ちゃんラーメン
福岡市中央区大名2丁目6−4


福岡食べ歩き ブログランキングへ

☆博龍軒の余談
いつの間にか有名店になってましたが、四半世紀前までは取材厳禁、マスコミなどによる店舗外観撮影禁止と言われるくらいのお店でした。
初めて取材されたのはTVQの「新おもしろ探検」で当時TVQアナウンサー(現在はフリーのアナウンサー)の川上政行さんでした。
この時も店内、外観は撮影禁止で、川上さんは外の駐車場で映像ではボカシが入った状態でラーメンを食べてました。
恐らくこのエリアに詳しい方じゃないとわからなかったはずです。

当時はタクシーの運転手さんが良く利用されていたのを覚えています。
私はタクシーの運転手さんが溜まっているのを見て、「美味しいお店だろう」と思い、四半世紀前はよく通っておりました。

今はこのエリアに行くことが減りましたので、コメントは控えます。