3月で終了 博多朝マルシェ

博多三徳 閉店

残念ではありますが、博多三徳さんが3月いっぱいで閉店されることになりました。
博多朝マルシェも3月中旬の残り1階になっています。

博多三徳 コロッケ

今回は揚げたてコロッケを。
トロトロの自家製ホワイトソースとたっぷりのカニを狙いに。

揚げたてを出してもらえるので、会計して一旦よその売場へ。

博多三徳 海鮮丼

やっぱりこの海鮮丼です。
切り身は厚く、醤油は無添加のクルメキッコーのもの。
食の大切さは公式サイトにも切々と語られています。

博多三徳 カニクリームコロッケ

海鮮丼の会計を待っていると、揚げたてのコロッケが届きました。
わざわざ持ってきてくれるなんてありがたいです。

博多三徳 カニクリームコロッケ 中

帰り道にパクリ。
とろ~っととろけるホワイトソース。
プンプン香り蟹の香り。
美味しい!
さすが海産物問屋。

博多三徳 海鮮丼 中

海鮮丼もボリュームたっぷり。
どの魚から手を付けようか迷ってしまいます。

博多朝マルシェの最終日は3月16日。

また時間を作っていこう。

朝マルシェでもう1店舗周っておりますので、これは後日。

博多三徳
福岡市博多区対馬小路10−18



2/15オープン 石村萬盛堂博多土居通り店

石村萬盛堂 博多土居通り 酒蒸しまんじゅう

19年1月に一旦休業の本店の代わりに2/15にオープンした博多土井通り店。
公式サイトにもあるように、今までの本店とは違った雰囲気になっております。

15日と16日はオープン記念で酒蒸しまんじゅうとお茶をいただきました。

石村萬盛堂 博多土居通り 

春も近いので桜のお菓子がメインに陳列。

石村萬盛堂 博多土居通り どら焼き

桜どら焼きと桜餅を買うことにしました。

石村萬盛堂 博多土居通り 桜餅

桜餅は八重桜餅も薄紅桜餅のセットにしました。

石村萬盛堂 博多土居通り 桜餅

八重桜餅は葉っぱが小さいだけにさっぱりしています。
ほのかな桜の香りを楽しめます。

薄紅桜餅は葉っぱの大きな分だけ塩気も桜の香りもしっかり。

同じお店で2通り試せるのも面白いですね。

石村萬盛堂 博多土居通り 桜どら焼き

桜どら焼きも塩漬けの桜の葉が混じっているので、その分桜の香りがします。
ほのかな桜味ととも博多の菓子屋さんが戻ってきました!

石村萬盛堂博多土居通り店
博多区下川端町1-18

表面パリッ、中はふっくらお好み焼き 六甲@下川端

六甲 下川端 昼メニュー

リバレインのそばにあるお好み焼き屋さんです。
13時過ぎ。
一段落したようでお客さんもまばら。

お好み焼きが食べたかったから、量が多目の「特製」とあっさり注文しました。
「15分ほどかかりますがいいですか?」
と聞かれました。
時間に余裕もありましたからOKして待ちます。

メニューを見ると昼は定食もあり、オムライスとか焼き飯とかもあるんだなぁと眺めていると、先客のオムライスを作る大将。
お好みの鉄板で作る光景を見ていると、今度はオムライスもいいな~なんて。
鉄板で焼ける玉ねぎの香りが店内に広がります。

六甲 下川端 夜メニュー

夜もいろいろメニューが有っていいな。

お好み焼きは女将さんが手際よく別の鉄板で作っておりました。

六甲 下川端 特製

15分位でできました。
中はふんわり、具沢山の特製お好み焼き950円。
エビ、イカ、豚が入り、結構野菜も入ってます。
中はふっくら。

オムライスも見ていていいなと思ったけど、やっぱりお好み焼きでよかった~なんて思いながら食べました。
ソースは甘さを抑えたもの。
マヨネーズはボトルを置いてくれますので、自身で好みの量をかけることができます。

冬場は鉄板のおかげで食べながら温まれるので、非常に居心地もいいです。

六甲
博多区下川端町1−331


一品ずつ選べるおかずのランチ 酒房 やす@下川端

やす メニュー

おかずを食べたいものだけ、食べたい数を選べるランチ。
定食とは違う形式なので選べるのが楽しいです。

システムは簡単。
ご飯:170円
おかず:170円
小鉢:120円
味噌汁:100円。

お店に入ると
「好きなおかずを取ってこちらに来てくださいね」
と言われます。

やす コロッケ ハンバーグ

鰈の煮つけ、コロッケとハンバーグの皿を取り、案内された席へ。
「味噌汁100円でつけられますか?」
「お願いします」
味噌汁を持ってきてもらえます。

そして伝票が書かれます。

やす 鰈の煮つけ

以下のラインナップは
ごはん:170円、鰈の煮つけ:170円、コロッケとハンバーグ:170円、味噌汁:100円
合計で610円。

この界隈では非常にお得な価格になります。

やす ランチ

おかずはすでに出来上がったものなので、冷えています。
そこは仕方ないかもしれませんが、カレイの煮つけはしっかり味もしみて、鰈も肉がしっかりついているから美味しいです。
コロッケはクリームコロッケ。
クリームたっぷり。

ハンバーグはニラが混ざったものです。

味噌汁は薄揚げ、豆腐、大根が入ったもの。

おかずの量を減らせば、500円以内で済ませることも可能です。
ご飯は多めについでくれますので、少なめの方は入店して早めに言ったほうがいいでしょう。

家庭料理みたいなのが多いので、性別年代問わずお客さんがいました。

夜は結構混み合っていて何度か入れなかったので・・・

酒房 やす
博多区下川端町8−17

四川なのにそんなに辛くない・・・はず 中華金鼎@下川端

いつも賑わっている下川端の中華屋さん。
数年前まで靴屋さんだったので、ガラス張り。

今回は早めに11時過ぎに。
まずは食券を買います。

中華金鼎 ランチ

ご飯と豆腐の中華スープとメインの豚軟骨と豆腐のおかずが出てきます。
店員さんは皆さん中国からの人のようだ。
店内は中国語が飛び交っている。
「点心とサラダ待っててね」
と片言の日本語で。

※いつものように辛さ耐性無しで読んでください。

メインを食べました。
「辛い~~~、涙出そう」
と思ったのはその瞬間だけ。
普通の人であればピリッとしてそれで終わりレベルでしょう。

豚軟骨や厚揚げのおかげで結構辛さが収まります。
1回慣れてしまえば、激辛でもないので、ご飯がすすむ良いおかずです。
きくらげのコリコリ感も良いアクセントでいいですね。

豆腐のスープがまろやかなので、辛さできつくなれば、これで一休みもいいでしょう。
私より辛さ耐性ない方はそうはいないと思いますから、大丈夫でしょ。

中華金鼎 ゼリー

ゼリーはりんご味。

中華金鼎 サラダ

その間にサラダが出てきます。
パスタサラダ。
中華っぽくないのがいいな。

中華金鼎 ゴマ団子

「揚げたてだから気をつけて」
とひと声かけてくれました。

胡麻の香りが非常にいい団子。
この胡麻団子は揚げたてがいいですね。
熱かったですがすぐにぺろりといただきました。

メニュー

表にこの様にメニューが出ており、辛さが調節することができたようです。
調節してもらえればよかったなと思いますが、辛いのが苦手な方でも美味しく食べられるお店です。

中華金鼎
博多区下川端町1−339