住吉酒販 博多デイトス 角打

博多駅のデイトス1階の「みやげもん市場」の中にある酒も販売している角打ち。

スペースも狭いので大人数では難しいが少人数でこじんまりとやるのをおすすめしたい。

写真は焼酎の飲み比べセット。

芋、麦、米をうまく集めたものや、芋だけのように原料を指定して楽しむこともできる。

ワイン、日本酒、ビールもあり、九州の地酒を存分に楽しめる。

 

つまみも最高のものばかり。

無添加、またはそれに近いレベルの食品ばかり。

写真の丸天は完全無添加。塩以外は基本すり身だけ。

厚揚げもなめらかな口溶けがする非常に美味しいもの。

食材も素晴らしいものばかりだが、人気があるため、商品が売り切れのこともしばしば。

食品も持ち帰り可能(冷凍の場合もあり)なので、地元への手土産に最適だ。

サッカーの試合の前に博多駅で1杯、サポーター同士で飲み、今日の試合の展望を語るのもいいだろう。

レベルファイブスタジアム、ベストアメニティスタジアムへは博多駅からすぐに行ける。

来シーズンから会場となる北九州小倉駅前のスタジアムにだって新幹線ですぐだ。

もし、熊本、鹿児島、長崎へ行かれる方も、博多駅から出る方もいらっしゃるっでしょうから、1杯やっていっても大丈夫かな。

うどん平

博多うどん、ふわふわもちもちだけど非常に腹持ちが悪い。

食べた瞬間はお腹いっぱいだけど、1時間位するとやや空腹・・・

そうならない博多うどんがここ、「うどん平」。

開店の11時前にはすでに行列ができる。

ご主人が目の前で手打ち、麺を茹であげる姿がカウンターから見える。

ごぼう天も揚げたて。おまけに価格も某チェーン店より安い!

営業時間は16時までくらいだけど、売り切れ次第終了。

博多観光の1つにおすすめしたいが、余裕を持って行くことがいいかな。

写真はごぼう天+卵とじ。

具材はダブルで合わせることも可能。

エビは良いものが入荷しないと食べられない。

鍋焼きは時間がかかるのでランチタイムは避けたほうが良いかも。

場所がわかりづらいという人もいたので、博多駅から向かうにはテレビ局「TVQ」を目指すといいでしょう。

福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目17−1

ともえ食堂 ※閉店

福岡市東区箱崎の名店のうちの1つだった。

ここはボリュームが多くはないがものすごく安い。

ラーメンも400円しなかった(2013年で覚えている限り)はずだし、以下の写真のちゃんぽんセットも590円。

東区箱崎はラーメン屋の激戦区でした。

赤のれん、福よし、だるま、ともえ食堂、春陽軒・・・など

赤のれんは中央区天神で、春陽軒は箱崎で健在。福よしはすでに閉店、だるまは随分変わってしまいました。

ともえ食堂はご夫婦で経営。
悪天候のときでもご主人は出前もし、料理もし、奥さんは仕出し弁当なども作ってらっしゃったそうです。

はっきりは覚えていないのですが、2014年の年末には閉店した様子です。

幼少の頃からここのラーメンが好きで、ここのラーメンが1番だと思います。
あっさりでまろやか、麺はやや太めで出前でも伸びにくい
ちゃんぽんは太めでふっくら。博多うどんのような麺でした。

思い出補正がありますから、これと現存のお店を比較する野暮なことはしません。

復活は・・・難しいでしょうなぁ。

原田コーヒー

福岡市中央区舞鶴。駿台予備校の裏手にある原田コーヒー。

以前はこの界隈で勤めていたので、毎日のようにランチで通ったものだ。

名物はハンバーグランチとフライライス(焼飯)カレー。

ハンバーグは玉ねぎの甘味がしっかり出たソース、手作りの香り良いハンバーグ、茹でたスパゲティを少しカリカリに炒めたもの。

やや手間をかけるにも関わらず、680円とは恐れ入る。

ハンバーグランチ
カレー、スパゲティなどについてくるサラダ
フライライスカレー

カレーはコーヒー屋らしく、少しコーヒーを入れ、まろやかに仕立てたもの。

辛いということはなく、子供でもきっと美味しく食べられる。

フライライスが油などでやや甘く仕上がっているので、ちょっと辛く感じるかもしれない。

ここのコーヒーは注文受けてから豆をひき、ミルクはその都度牛乳を温める。

ブラックが好きな方は前もって「ミルク不要」と伝えたほうがよろしいかも。

 

10年以上前から結構いい雰囲気だったので、オーナー夫婦も結構お年を召しているはず。でも、店頭に立って接客し、料理をしてくれる。

息子さんもここを継いで一緒になって働いている。

オーナーが高齢化して人気店が閉店ということがたまに見受けられるが、ここはそういうことはないだろう。

息子さんがこの美味しい味を継承し、更にこのお店を続けてくれる。

雰囲気良くこんな美味しい店が続いてほしい、このサイト管理者はそう願います。

春月庵 承天寺前店

博多はうどん、そばの発祥地と言われている。

博多駅から徒歩10分程度か、承天寺の境内にはこのように石碑も立っている。

承天寺のそばに、春月庵といううどん・蕎麦屋。

ここは14時以降は追加金発生せず、食べ放題となる。

食べ放題、店員はケチケチしていることが多いが、ここはそうではない。積極的におかわりを薦めてくる。

うどん、蕎麦、温かいもの、冷たいもの・・・

いずれも14時以降は食べ放題。

おまけにそろそろお腹いっぱいかと思い食べるのやめようかなと思ったとき

「追加されませんか?まだまだいいですよ!お出汁も足しましょうか?」

と悪魔の一声。

それで見栄を張って追加するのも一興かと。

ごぼう天蕎麦
更に追加

ここの蕎麦は意外とお腹にずっしり来る。まだまだ食べられそうだがと思う頃が引きどきかな。

場所は意外とわからない方が多いので以下の写真、祇園の富士ゼロックスを目指し、そこを右手に進もう。