~行きます! ふるさと@奈良屋

なにかのセリフではありません。

料理ができあがったら奥さんが「●●(料理名)行きます」と声かけてくれ、常連さんが自分の席に持っていきます。
ご夫婦2人でやっているので、常連さんは取りに行きます。

今回は夜。
平日19時頃。

豚の生姜焼きにしました。
牛の生姜焼きもありましたが、なんとなくでしょうか。

会社帰りの人、まだお仕事が残っているという人もここで料理を食べて一息入れます。

ご主人が鉄製の使い込んだ中華鍋で色んな料理を仕上げていきます。

「豚生姜行きます!」

ボリュームたっぷり。
生姜と特製のタレがマッチした豚の生姜焼き。

付け合せのみかんも彩りが良くていい!

こんなにたくさん盛ってくれるのが嬉しい。
ちょっとご飯が足りないかなと思うくらいのいい感じのボリュームです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ふるさと
博多区奈良屋町5−19


猫が勝手に入ってくる立ち飲み屋 吉武酒店

※連れが猫好きなのでということで。

西教寺のそばにある酒屋さん

吉武酒店 古い看板

養命酒やコカコーラ、ボンカレーなど古い看板が

吉武酒店 精力赤まむし

店内に入るとお年寄りがゆっくり飲んでました。
そしておばさんが。

席には赤まむしの宣伝も。

吉武酒店 店内

吉武酒店 ビール

好きなの取って後で会計でいいよ

ということでビールを飲みます。
お気遣いしてくれるおばさんで
グラスが・・・
食べ物が・・・
食べ物は西友ブランドのもの多数。
そして世間話。
すると黒猫が

吉武酒店 猫

いつも入ってくるのよ

とおばさん。
う~ん、猫苦手なんだけどまとわりついてくる。
「猫は苦手な人ほど好きになってほしいからよってくるのよ」
と。
軽度のアレルギーもあって離れたいだけなんだけど・・・
好き嫌いの問題じゃなくて。

「猫はなにか食べます?」
「ここにあるものは全然食べないよ」

スナック菓子とか魚肉ソーセージも食べないけど、スリムで毛艶の良い猫が出迎えてくれて、いつの間にか去っていきます。

吉武酒店

猫と戯れながら飲みたい方はどうぞ。
エアコンもないようなので、残暑を感じながらのビールでした。

吉武商店
博多区上呉服町6−17



焼き鳥もラーメンも、そして美味しいサバの煮つけ・・・とし

福岡に戻ると豚骨が恋しくなります。
早速行った店がこちら。行きなれている所が良いなと

とし サバの煮つけ

400円の小鉢ですが、サバ。
でかい!
骨もぶっといでかくて肉厚、そして脂の乗ったサバです。
こんなサバはあまりお目にかかれませんね。

焼酎グラスと比較してください。

とし 持ち帰り

としは色々持ち帰りできるそうです。
おでんは100円ですから、コンビニより遥かに安い。
そして美味しい!

とし 焼き鳥

山芋鉄板を注文すると時間がかかりますからさっとできる焼鳥も。
焼き鳥つまみながら、演歌を聞きながら、焼酎。

演歌だけかななんて思っていたら橋幸夫の恋のメキシカン・ロックが流れる

「♪メキシカンロック ゴ~ゴ~」
メキシコはスペイン語。
goではなく、ir(イル)じゃねえか!!

なんて一人で突っ込んでた。

恋のメキシカン・ロック

新品価格
¥250から
(2019/9/9 18:00時点)

とし 山芋鉄板

山芋鉄板。
グラタンみたいなふわふわ。
因みにこれに納豆が入ると元気焼というメニューになるそうです。

とし ラーメン

おでん?和風だしが少し入った美味しいラーメン。
脂っこいものよりもこちらのほうがさっぱりしていて美味しい。
そういう年代になったのかもね。

とし 営業時間

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

とし
博多区下呉服町5−33


800円のランチは量もクオリティもお見事 博多美味処 吉右衛門@上呉服町

吉右衛門 メニュー

久々にこのエリアを歩きましてランチをしようと。
平日の13時頃。うどんなどの麺の気分でもなく、しっかり定食で味噌汁もつけて食べたいところと思ったら
素敵な看板!
鶏かつに刺し身に小鉢に・・・ご飯もおかわりが自由なんて!!

ということで入りました。

ランチ1つなので何も言わなくても若い男性がすぐに準備を始めます。

鶏かつはお客さんが来て揚げるのか・・・
味噌汁は温め直すのか。

わざわざ嬉しいねぇ。

13時も過ぎてましたので、常連さんが1人。
常連さんも食べ終わって、昨日のメニューの感想をおっしゃってました。

夜のメニューに日本酒飲み比べセットとか、山笠ハイボールとか、洒落たものが揃ってるなぁと思ったら出てきました。

吉右衛門 ランチ 鶏かつ

刺し身は分厚いのが3切れ。
鶏かつはボリュームたっぷり。
味噌汁じゃないです。豚汁ですよ、しっかり野菜は入ってます。
ご飯に自家製のお漬物に、がんもどき。

吉右衛門 鶏かつ

まずは揚げたての鶏かつからいくでしょ!
1つの塊が大きいのは仕方ないかな。
でも鶏肉が柔らかい。揚げると固くなって美味しくなくなってしまうところが多いですが、肉も美味しいし、ぷりぷりした弾力の鶏肉。
クオリティは高いです。

塊が大きいので、備え付けのおしぼりで口も拭けますから安心ですよ。

吉右衛門 刺し身

刺し身も分厚くて食べごたえあり。
なんてったって豚汁が美味しいのよ。
野菜が底に結構沈んでいて、豚の脂が汁に溶け込んでいる。
だから冷めにくい。

ご飯、おかわりしようかななんて思っておりましたが、これで十分お腹いっぱい。

食べごたえもあって、質もよいのには驚きました!!

吉右衛門

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

博多美味処 吉右衛門
博多区上呉服町11−7



日替わり定食550円は13時前に売り切れのお店 くぼや@綱場町

くぼや メニュー

14時前後にこの界隈を通ります。
いつも気になっていました。
知人からも12時頃はいっぱいいると教えてもらってました。

行って理由がわかりました。

13時少し前に入店。

日替わり定食は豚バラと豆腐のすき焼き煮、550円。
これは魅力。

日替わりを注文しようとしたら、
「ごめんなさい、少し前に終わってしまいまして」

他のメニューも魅力的。
650円でいろいろ食べられるのかと感心して、期間限定の稲庭ざるうどんとヒレカツにしました。

すると調理場からヒレカツを揚げる音が
650円で作り置きせず、注文を受けてから・・・
素晴らしい。

店内に「ふくおか農林漁業応援団」のマークも。

くぼや 期間限定 稲庭ざるうどんとヒレカツ

そんなに時間も経たずに出てきました。
いろいろあってどれから食べようかと迷っちゃいますが、揚げたてのヒレカツから。

ふんわりのカツです。
カチカチではないです。
小さいですが、一口じゃ無理です。
厚みもそこそこありますから、お腹にたまりますよ。

くぼや ヒレカツ

稲庭うどんはつるつる、のどごしもいいですねぇ。
弾力も損なわれていないので食べごたえがあります。

小鉢もちょっとした嬉しいおかずでいいですね。

ご飯もおかわり自由。
最初は少なめに入れてます。

大食の私としてはちょっと物足りないかなということでお代わりしております。

くぼや

昼も人気ですから、夜も賑わってそうですね。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

くぼや
博多区綱場町3−11