世界を席巻したサクラビールを飲もう 門司港地ビール工房

門司地ビール工房に行く前に門司麦酒煉瓦館で見学をしましょう。
きっとサクラビールを飲みたくなります。

門司港地ビール工房 ランチ

ランチタイムに訪問。
日差しが強かったのでビールも欲しくなりました。

門司港地ビール工房 ドリンク「

ビールメニューをチェック。
サクラビールもあります。

門司港地ビール工房 グラスビール

西鉄のふくふくレトロきっぷ特典で1杯グラスビールが無料となります。
このビールはサクラビールを選べませんが、門司港地ビール工房の特製ビールをいただけます。
※特典は変わるかもしれません。

門司港地ビール工房 ジンギスカン

なんでだろう?
ジンギスカン。
まあいいやと思いながら食べました。

焼きカレーとか個人的には魅力とも思いませんから。
門司港は
・ふぐ
・たこ
・ちゃんラー
・中華料理(過去に大連との連絡航路があった)
・梅月
・おでん
であって、焼きカレーとかどこでもできるようなものを食べても仕方ないですし・・・

門司港地ビール工房 サクラビール

目的はサクラビールですから。
焼き肉とか食べるとたしかにビールが欲しくなりますね。
だからジンギスカンなのでしょうか。

ジョッキを口元に近づけるだけで香りがいい。
口に含むとすこしの苦味とともにふわっと香りが広がり、その余韻は長く続きます。

エビスビールよりは飲みやすく、すこししっかり感がある感じもします。

サクラビール美味し~

時間帯によっては西日もしっかり差し込みますから、席を予約するときは確認したほうがいいかもしれませんね。

サクラビール

瓶でのお持ち帰りもできますよ

サクラビール 6本セットを楽天で購入

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

門司港地ビール工房



塩とソースでそれぞれ楽しめる たこ膳@門司港

たこ膳、久しぶりの訪問。

オーナーが
「店の中で食べるのが最も美味しい!できたてがタコもちょうどよい火加減」
と言っていたたこ焼き。

今回はメニューには載っておりませんでしたがソースと塩でそれぞれ4個ずつ作っていただきました。

たこ膳 ハーフ

カリカリの油であげるタイプではなく、ふんわりした味わい。
塩はさっぱり、そしてタコの中身が甘く感じられるような感覚。

ソースは甘辛でその分しっとりと食べられるような感覚です。

たこ膳

関門のタコは身がしまって美味しいです。
そして大きい。
これが大事!

関門見物のお供の小腹がすいたときにはおすすめですよ~

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

たこ膳
北九州市門司区栄町10−12

関門へは新幹線?


冬メニュー 鍋焼きうどんは定番かな 花千里@門司

花千里 焼酎

先日はトマトそうめんでしたが、今回は鍋焼きうどんへ。
夏メニューから冬メニューに変わりました。

花千里 自家製漬物

焼酎のつまみに自家製のぬか漬けを添えてくれます。
優しいぬか漬けが食欲をそそるというか、お酒も進みます!
強い香りはしない、癖のない糠です。

花千里 天然鯛のあら炊き

裏メニュー。
仕入れ素材によって出てくるものがあります。
今回は上質な天然鯛が入ってきたそうです。
あら焚き。

特製の無添加のだしで炊いておりますから、鯛の美味しさが存分に味わえます。
だしは鯛を引き立ててくれます。

それが実感できる喜びを感じます。

花千里 鍋焼きそば

鍋焼きうどんではなく鍋焼きそばです。
土曜は蕎麦の日ということで、リクエストしたところOKしてもらいました。
店主も初チャレンジの鍋焼きそばだったそうです。

そばの香りを損なわず、具材も秋川牧園の卵など上質で安心なものが入った鍋は最高でした!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

花千里
北九州市門司区柳町2丁目3−17

秋が近づきちょっと酸味のトマトそうめん 花千里@門司

花千里 門司 ポテトサラダ

秋が近づくとトマトに酸味が出るのでやや違うと店主。
夏場や夏前の酸味とはちょっと違う自然の味だそうです。

前菜に秋川牧園のマヨネーズで軽く和えたポテトサラダを。
じゃがいもの美味しさや甘みを残して、ほんのりマヨネーズ。

花千里 門司 トマトそうめん

トマトそうめんの麺は伸びにくい、そしてしっかりした下関の菊川そうめん。
トマトの出来で自然な酸味などが味わえる。
そしてシャーベット状のトマトは甘み。
そしてさっぱりの特製の無添加のつゆ。

いつ食べても美味しいよねぇ。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

花千里
北九州市門司区柳町2丁目3−17

「長嶋一茂&石原良純いきなりやってみた!」 梅月@門司港

長嶋一茂&石原良純いきなりやってみた!という番組で紹介されたそうです。
テレビ見ないのでわからないのですが。

久々に訪問したら、大将から
「いや~あのときは大変だった、それからお客さんがさらにいっぱい来ちゃって」
「暑すぎるとお客さんは来ないんだよねぇ」

猛暑がちょっと去ったら番組で紹介されて来客のラッシュだったとか。

梅月 門司港 宇治金時

来客の一段落をした9月中旬に私は訪問したようです。
撮影の小話などを伺いまして、
「みんな宇治金時クリーム食べたよ」
と。
大将の笑顔を見ているとなにかほのぼのします。

梅月 門司港 宇治金時 下部

下にはいっぱいの北海道産の小豆。
宇治の蜜も、このあんこも自家製。

いろんな宇治金時食べたけど、ここのが1番舌にあっているなぁと。
氷には惜しみなく蜜。
氷も今ではなかなか手に入らない機械で作ったもの

この居心地、いつまでも続くといいなぁ

梅月 門司港 夏メニュー

梅月 門司港 のれん

涼し気な暖簾も体育の日まで。
体育の日をすぎると小判焼きへ変わります。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

梅月
門司区栄町1−10