お手頃な宮崎産鰻のちまき もりやま@東区箱崎

鰻ちまき もりやま 箱崎

箱崎の西日本シティ銀行界隈で用事があったので通りがかったところ見つけました。
公式サイトみると以下のように

店主の実家は 数十年に渡り宮崎県で鰻卸し業と鰻屋を営んでいる 「うなぎ処もりやま」です。
そこから良質の国産鰻のみを選別して仕入れています。選別歴道50年の森山社長自ら選別しています。
仕入れる条件はただ一つ。「もりやま伝統の味を受け継ぐこと」 でした。

これはすごい。

鰻ちまき もりやま 国産 宮崎

宮崎の鰻を中心に。
おまけに400円税込み。
これはお得ですね。

鰻ちまき もりやま ちまき

ちまきいただきます!
開けただけで周囲に鰻の香り。
柔らかく仕上がったちまき。
ふんわり。

シイタケとゴボウの香りも残っているので、鰻だけではないバランスの良い程よい鰻の感じもします。
これがあるから鰻臭さもないのでしょうか。

安い!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

鰻ちまき もりやま
東区箱崎1丁目28−10

【ふるさと納税】<玄人の一品>うなぎ白焼 2尾 150g〜200g程度 新仔 長焼き 養殖うなぎ 鰻 ウナギ 国産 宮崎県産 冷凍 冷蔵 送料無料

店員さんのおすすめのまま買ってみたら本当に良かった とうふの飛太郎 工場直売店@杷木

以前小石原に行った際にバスの車窓から気になっていたお店です。

女性の店員さんが1人いらっしゃって色々おすすめ言ってきます。
しょうけ豆腐がおすすめ。

まろやかでそのまま食べても軽く醤油かけてもいいですよと。

とうふの飛太郎 とうふ

小さいサイズもあったのですが、何故か大きなサイズ買っちゃった。

とうふ饅頭食べたかったのですが、バラ売りしていないとのことで諦めました。
4個パックが1つの単位みたいで。
「冷凍できますよ」
とおっしゃったのですが、今回は荷物のことも考えてまた今度。

とうふの飛太郎 陳列

厚揚げとか大豆ハンバーグなど晩のおかずになりそうなものも一緒に買いました。
しょうけとうふは450円。
厚揚げは180円、大豆ハンバーグは420円でした。

他にも味噌とか色々ありましたね。
持ち帰りの時間に応じて氷を入れてくれるサービス付き。

しょうけとうふ とうふの飛太郎

しょうけとうふ。
なめらかですが、デザートみたい。
甘い!
塩をかけると更に甘い!
醤油をかけても面白くなる。

パック。
ざるになっており、余計な水気が途中で出てもとうふに残らないように工夫されています。
450円は妥当というかいい値段。

厚揚げ とうふの飛太郎

厚揚げは油こくなくさっぱりと食べられます。
味噌汁にもいいし、網で焼いても美味しいですね。

豆腐ハンバーグ とうふの飛太郎

大豆ハンバーグ。
淡路島の玉ねぎ入り。

炒めた豆腐ハンバーグ とうふの飛太郎

軽くバター醤油で焼きました。
フードコーディネーターでないから見栄えは・・・

大豆がしっかりしています。
食べごたえあり。
牛肉豚肉ではないという不満はないです、まあこういうの好きですから。

細かく切られた玉ねぎや他の野菜の風味も良くて良いおかずになりました。

とうふの飛太郎 外観

公共の交通機関を用いたアクセス。
西鉄バス杷木~小石原線の「西林田」下車すぐですが、本数が偉い少ないので杷木から歩くことをオススメします。
朝倉市役所杷木支所の敷地内を抜けていけば15分強と言ったところでしょうか。
この時期は鶯の鳴き声を聞きながら楽しい散歩ができるはずです。

杷木バス停からうきはへ徒歩10分ほど。
筑後川温泉 虹の宿 ホテル花景色
で立ち寄り湯もおすすめです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

とうふの飛太郎 工場直売店
朝倉市杷木林田159-3
※本店は交通事故で休業中です。

実演も見える津和野のあんこのお菓子屋さん 山本風味堂

山本風味堂 源氏巻

津和野の郷土銘菓だそうです。
津和野駅からもそんなに遠くはなく、列車待ちに買い物も十分に可能な距離。

そんな中で訪問

すでに本日の製造時間帯が終わったと思われる16時過ぎ、女性が店内でのんびりされていました。

源氏巻1本買って帰ります。

山本風味堂

お店の右手には実演スペースもありますが、そこは片付けられておりました。

山本風味堂

箱を開けるとカステラのような生地。
かぶりつくとしっかりとしたあんこ。
そんなに甘くないですね。
普通ならカットして上品に食べるのがいいのでしょうが、お店出てそのまま口にも可能なスタイルですねこれは。

緑茶が欲しくなりますなぁ。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

津和野の源氏巻の食べ比べができるそうです。
【ふるさと納税】【なごみの里セレクト!】津和野銘菓『源氏巻』 4社食べ比べセット

山本風味堂
島根県鹿足郡津和野町後田ロ479−1

小さな駅の立ち食いうどん 駅弁くぼた@津和野駅

駅弁くぼた メニュー

島根の小京都、津和野駅。
小京都って全国至るところありますが、こちらは鉄道に力を入れているところ。
駅正面にある蒸気機関車は屋根はないですが見事な保存状態。

そんなに本数が多いところではないローカル線の待合室内。

女性が本を読んでお客さんを待っていました。
乗降客数から考えたら、本を読んでのんびりお客さんを待つのがよろしいでしょう。

声をかけて肉うどんを注文。
「はい」
と女性が笑顔で答えてくれて、そこからスイッチが入ったようにテキパキと。

ちなみに天ぷらうどんはカップうどんに入っているタイプの丸い天かすみたいなやつです。

駅弁くぼた 肉うどん

肉うどん、2分くらいでしょうか。
さっとできます。
駅構内のうどんは早いのがいいですよ。
津和野は1時間に1本くらいですから、時間に余裕持って注文できます。

待合室の中に折りたたみ会議テープルが設置されており、3席設けられているのでそこで食べます。
待合室ならどこでも使っていいようです。

スープは甘め。肉のおかげかもしれませんが。
北部九州と似た出汁の塩梅ですね。
味はしっかりめかな。

素朴なうどんです。

駅弁くぼた  駅弁

駅弁は鮎弁当などがありまして、取り寄せもできるようです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

津和野駅周辺の宿をdトラベルで探す

駅弁くぼた
島根県鹿足郡津和野町後田イ68 駅待合室

ツインタワー!インスタ映えしちゃう見栄えも味もいい穴子天丼 大衆食堂だいこく@益田

益田 だいこく メニュー

旅先で。
島根県益田市。
ちょっと調べたらあなごが美味しいそうで行ってみることに。
お店の表に「日本海産あなご」と表記。
ちょっとワクワク。

平日のお昼時。少しではあるが先客も。
周囲にお勤めの人でしょうか。

値段はなかなかのもの。
先客がカウンターで食べていたのはおそらく日替わり定食。

あなごは無いものの、カレイの煮つけや野菜の入った小鉢などバラエティに富んで1000円とはお見事な昼食だ。

穴子天丼1050円にしました。
せっかくだからね。

益田 だいこく 店内

夜もやっているんでしょうね、いろんな焼酎揃ってました。

益田 だいこく 穴子天丼

意外にさっと出てくるあなご天丼。

穴子のツインタワーですよこれ。
見栄え良すぎ。

益田 だいこく あなご天丼

穴子と大葉と米以外は入っていない丼です。
ツインタワーの尾の部分が2本。
短く切られた胴の部分が2本。
大葉が1枚。

倒れないようにいただきます。

穴子天を口に・・・
パリッ
フワッ・・・

最初の天ぷらのからっと揚げられた風味が1口目に。
その後穴子の身がホロホロととろけていくようで。

うまいです。
こんな穴子は初めてでした。

そして大葉がいいアクセントです。

かかっているタレはちょっと甘め。
タレは少なすぎず多すぎず。
からっとした天ぷらがふやけないように賭けられているのもお見事。

益田 だいこく

駅を出て左手に進めばわかりやすいお店。
山陰本線で乗り継ぎに時間があるようでしたらおすすめの場所です。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

大衆食堂だいこく
島根県益田市駅前町9−4